強力な肌にするには

ハリのある肌をキープするにはどうしたら良いのだろうかと考えてしまうのですが、ここで関係してくるのがお肌の真皮と呼ばれる部分で、コラーゲンという丈夫な繊維が張り巡らされることで、エラスチン線維が支えている。

 

肌は外の力に耐えるようにできているのですが、そのまわりを埋め尽くしているのがヒアルロン酸などのムコ多糖類と呼ばれるゼリー状の物質で、ビルで言うと鉄筋のまわりを埋め尽くしているコンクリートのような部分で、この成分は水分をかかせる性質になり、真皮が約半分以上の水分を保つことで、お肌にハリを与えてくれるわけなんですね。

 

もっと水分が含まれているのが赤ちゃんで約80%にもなるため、ピチピチのハリのある肌で透明感があります。

 

だけど加齢や紫外線の影響でコラーゲンやエラスチン、硬くもろくなり40代に入ると、コラーゲンやエラスチン、ムコ多糖類ともに新たに作られる量が刺激され女性ホルモンや成長ホルモンが低下するためお肌のハリが低下してしまう。

 

年齢だからしかたがないと考える人もいますが、やはり普段からのケアや食事などをどれだけ意識できるかが重要になるかと思いますね。