免疫細胞によって起こる症状

お肌の綺麗に保つためには外の壁を内側から守ることが重要になります。外側からの強い刺激を毎日のように受けていることで、どうしてもシミとか肌荒れになってしまうわけであり、この部分をどう予防できるかが重要。肌の最も外側の部分は角質と呼ばれる死んだ細胞の層で出来ていますが、死んだ細胞がレンガのようにびっしりと並ぶことで角質は強固な壁となり、外からの植物の侵入を防ぐ。これがあるからこそ海に入っても塩分が体に入ってくること無く、機能は角質のバリア機能となるわけです。

 

そのため強いクレンジングで肌を擦ったりとか、角質層が傷んで隙間ができ、外からの物質が入り込みやすくなる。要するにバリア機能が低下することで、肌の表皮の部分が傷みやすくなる。感想やシミ、シワ等が起こりやすくなるわけですね。

 

肌は常に敏感になるために、お肌に合った化粧品を利用したい所で、体のあちこちが書く湯なったりするのは危険信号の始まり。

 

 

間違ったスキンケアで角質を傷め、自分で敏感肌を作り出しているひとが多いのでまずは注意。顔の角質層の厚さは約20〜30ミクロンしか無いので、薄っぺら痛い目にちょっとした刺激とか、軽くこするだけで乱暴に扱っていると刺激されてしまい肌が荒れてしまう、、、

 

10代や20代なら表皮内の免疫細胞がイキイキとしているためにちょっとした刺激なら反応して防御してくれるのですが、年齢が高くなると、この部分を予防することができなくなる。

 

そのために、免疫細胞を高くするために、セラミド配合の水分を吸収させたりして、肌を綺麗にケアさせることが大切になります。